過払い請求~弁護士と司法書士の違い~トップ >> 弁護士と司法書士の違い >> 弁護士と司法書士の権限の違い

弁護士と司法書士の権限の違い

弁護士と司法書士とでは、代理人として活動できる範囲がかなり異なりますから、まとまった借金があったり、過払い請求をしたりする場合には、弁護士に依頼するほうが無難だと言われています。

ただ、弁護士のいない過疎地に居住している場合だとか、身近に債務整理の経験がある弁護士がいないといった場合には、経験豊富な司法書士に依頼したほうが良いかもしれません。

債務整理を司法書士に依頼して、金利の引き直し計算をしますと過払い金が140万円を超える場合があります。

そうなりますと、司法書士は権限がなくなります。

ですから、最初から弁護士に依頼しておくべきだという意見もあります。

弁護士は、法律に基づいて紛争解決を行う専門家です。

制限なく民事裁判代理人や刑事裁判弁護人になれる唯一の資格です。

一方、司法書士は法律文書作成、登記業務の専門家です。

法務大臣認可、司法書士会認定の認定司法書士になりますと、簡易裁判(訴訟額140万円以下の裁判)について弁護士と同じ業務を行うことができます。

司法書士の中には、140万円以下の過払い請求の事件を相当数こなしている人もいますから、非常にスピーディに問題を解決できる場合もあります。

書類作成はもちろんですが、相談業務、訴訟の代理、そして和解交渉の代理といった経験を積んでいる司法書士は頼り甲斐があります。

すでに完済している金融業者への過払い請求の場合。

完全成功報酬制となります。

手数料を含む弁護士費用は、すべて過払い金回収後に精算することになっています。

ですから、依頼時に費用を支払うことはありませんし、依頼の結果、費用倒れになってしまうことはありません。

弁護士は、法律事務のすべてを扱うことができ、司法書士のような制限はありません。

ですから、依頼者の代理人として、しっかりとした対応ができます。

過払い請求の依頼をするにあたり、自分で法廷に立つ心構えのある方は、司法書士に依頼しても良いかもしれません。


過払い請求~弁護士と司法書士の違い~をお役立てください。

ピックアップ!:まずは情報収集から

債務整理など法律のことは法律の専門家である弁護士に相談、と思われがちですが、債務整理に関する訴訟が相・・・